In-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Inミリタリー

2014/09/26 ARES製HoneyBadger (ARES AMOEBA AM-013) -外装-

我が家になにか届きました



なんだなんだ



お?



ばばん

ARES AMOEBAシリーズのAM-013です。
お値段約3万円。
モデルはAAC社の「HoneyBadger」だそうです。CoD:Gに登場し一躍有名な銃になりましたよね多分。
7.62mm×35 (.300BLK)弾を使用し、かなりの音を抑制できるんだとか。

長いので続きから↓



とりあえず箱開けてみましょう



ダンボール(?)とビニール袋で包まれて梱包されてました。
画像右の白いとこはただビニールが集まってるだけです。
特に目立った傷は入ってませんでした。
バッテリー類は何も入っていないため別で揃える必要があります。
ちなみにまだ届いてません。明日の午前中に届きます。(ワーイ




開封。
TANカラーを注文しました。
とりあえずもって構えてみたところ、「ちっちゃい!軽い!
約2.5kg



↑マルイMP7をストック最大まで伸ばしたくらいとほぼ同サイズです。



↑WEのHK416と比較
銃自体のサイズはそこまで変わりません
ただ、ハニバストックは縮ませた状態だと短く、頬付けができないです。



↑マルゼンM870エクステンションカスタムと比較
めっちゃちっちゃく見える



伸ばしてもこれくらいです。

次は細部を見ていきます。





レシーバー刻印
なんですかね、Ma○pulのロゴをイメージしてるんですかね。
プラリペアとかで埋められるんですかね?こういうのって




セレクター
軽すぎず重すぎずクリック感もありいい感じ
ただし、アンビではなく、更に裏は連動しておらず常にセミポジションを示しています。




ストック
特徴的な形のリトラクタブルストックです。
伸ばすか縮めるかの2択のみ。
ぶっちゃけこのストックとアッパーの為に買ったようなものでもあります。
アッパーはこのストックの棒(?)が食い込んでる形がそれ専用設計っぽくてクソ好き。エロい。




バッテリーはストック基部に挿入します。
ミニのLiPoバッテリー(ET-1ミニバッテリー 7.4V2000mah等)が入るそうで。



蓋は上下あるのでお間違えのないよう。間違ってると刺せないんですけども。



最後まで抜き切ることもできます。
コイツが地味に厄介でストックを下に向けてボタンを押すと自重ですっぽ抜けるのでご注意ください。
足に落とすと痛い(経験談)
ストック基部のなんか黒い棒が伸縮しある程度 ビョン って飛び出ます。
棒の接触部は何かしらのシールがついてます。





ハンドガード
GeisseleMK1ハンドガードの穴と同じやつです。多分。恐らく。(曖昧)
ハンドガードの半分以上サプレッサーが埋まっています。
実銃では細長い穴以外の穴は空いていないはずなのですが...



樹脂製の付け替えレールが、装備されている他に長短と1枚ずつ付属しています。



また、本来サプレッサーは取り外し可能のQDサプレッサーですが、AM-013はサプレッサー単体の取り外しは不可です。
どういうことかというとこう↓




ハンドガード先っぽでふた状態になってるわけです。
インナーバレルも先端まで伸びているため「消音効果?なにそれおいしいの?」
ただサプレッサー内は何も入っていないためバレルカットなどして中に消音ウレタンやら入れることは可能です。


チャーハン・エジェクションポート付近
チャージングハンドル、ダストカバーは金属製(アルミ?)
マガジンキャッチも金属(アルミ?)製で、割と大きめ。
付属マガジンだと割と渋く、きちんと刺さらなかったり抜きにくかったりします。
実際押しても自重で抜けないこともしばしば。



チャーハンは2〜3cm程引け、ダミーボルトが連動しています。
中にドラム式のHOP調整ドラムがあります。
ボルトリリースボタンはダミーでダミーボルトを固定するなどといった機能もないです。




アイアンサイト
(ごめんなさいフロントサイト撮り忘れました)
TROYタイプを模したものかと思います。
フロント・リア共に樹脂製の可倒式サイトです。
注意(ってほどでもないですが)点として、調整不可です。
リアサイトの穴の大きさも変更できませんし、フロントサイトも上下左右の調整はできません。





マガジン
なにやらタクティカルなゼンマイ式多弾マグが標準装備です。
こちらも樹脂製。
スタンダードのマガジンならマルイ製でも社外でも使えます。






上部の蓋を開けてBB弾をじゃらじゃら流し込みます。
多弾嫌いなんで今度スプリング式のP-MAG買ってきます・・・。

ちなみにARESのなにやらタクティカルなPMAG、こいつおしり部分が...



こう



Magpulのマガジンバンパーみたいな感じになります。

実銃のHoney Badgerは上でも言ったとおり「7.62mm×35 (.300BLK)」を使用しますが刻印は5.56mm。
まぁ撃てなくはないですけども。
マガジンは使い回しだし仕方ないね!





とりあえず外装に関してはこれまで。

明日以降元気あったら実射してみます。

ばいばい
In-

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL